昨晩お会いしましょう

 

オリジナル発売日:1981.11.1

発売中のCDTOCT-10645 [EXPRESS/TOSHIBA EMI]

 

【収録曲】

 

1.

タワーサイドメモリー

 

 

6.

カンナ8号線

 

2.

街角のペシミスト

 

......t

7.

手のひらの東京タワー

 

3.

ビュッフェにて

 

 

8.

グレイススリックの肖像

......s

4.

夕闇をひとり

 

......s

9.

グループ

 

5.

守ってあげたい

 

......st

10.

A HAPPY NEW YEAR

......st

 

a…オリジナルアルバム未収録、s…シングルカットされた曲、t…テーマソング、CM曲など、

v...ビデオクリップの作られた曲、数字...その数字回数目のアレンジ、r...リミックス

 

【収録曲備考】

1.

神戸のご当地ソングとして通に有名。歌詞のまま「KOBE GIRL」というタイトルも考えられていました。

2.

t...

81年 サントリーオールとのタイアップ曲。CMソングだったのかは定かではないが、ユーミン本人が歌詞と共に広告に登場。

歌詞の「ダブルで飲み干す」は先方の要望で入れたとか。広告コピー「3杯目、私はメロディラインになった。」

4.

 

s...

リリース同年に宮崎美子に提供。珍しく過去のストックから仕上げたそう。

本人もアルバムと同じ日に18枚目のシングルとして発売。

5.

 

s...

t...

ユーミンの代表曲のひとつ。

17枚目のシングル。映画とのタイアップで結婚後初の大ヒットとなる。

81年公開の映画「ねらわれた学園」主題歌。今では映画共々有名であるが当時はSF映画とユーミンと言う異色の取り合わせとして話題なった。

98年 ミノルタ「α-sweetCMソング。CM用に録音されたアコースティックヴァージョンも使われた。

98年 三菱自動車「新型ミニカトッポBJCMソング。

01 MoMAニューヨーク近代美術展イメージソング。

07年 テレビ朝日系ドラマ(単発)「めぞん一刻」エンディングテーマ。

7.

 

リリース同年石川セリに提供。

8.

s...

17枚目のシングル「守ってあげたい」B面。

10.

s...

18枚目のシングル「夕闇をひとり」B面。

87年公開の映画「私をスキーに連れてって」挿入歌。

 

 

【リリースデータ】 (ディスクナンバー * 発売日 * 発売元 *表示価格)

 

LP

ETP-90120 (訂正ありがとうございます) 1981.11.1 * エキスプレス/東芝EMI * \2,800

 

Cassette Tape
ZH28-1065
1981.11.1 * エキスプレス/東芝EMI * \2,8002,637(2,560)
後にXDRテープになったときラベルのデザインが変わる。


CD

CA32-1138 1985.6.1 * エキスプレス/東芝EMI *\3,2003,008(2,920)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(発売中止)

TOCT-10332 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI *¥3,000(2,857)

詳細→再発復刻リスト

 

LP(発売中止)

TOJT-10332 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI * ¥2,000(1,905)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(発売中止)

TOCT-10363 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI * ¥2,500(2,381)

詳細→再発復刻リスト

 

CD17枚組 初回限定生産)

TOCT-10628 1999.1.27 * エキスプレス/東芝EMI * \38,000(36,190)

詳細→再発復刻リスト

 

CD

TOCT-10645 1999.2.24 * エキスプレス/東芝EMI→EMIミュージックジャパン * ¥2,500(2,381)

詳細→再発復刻リスト

 

LP(初回限定生産)

TOJT-10645 1999.2.24 * エキスプレス/東芝EMI *¥3,000(2,857)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(期間限定発売)
TYCT-69042 * 2013.10.2 * ユニバーサルミュージック/EMIレコードジャパン * ¥1,980
詳細→再発復刻リスト

  

PC配信

2018.9.24 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

 

ハイレゾ配信

2019.9.18 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

  

 

                                                        ○ 情報はすべて実物あるいはその写真で確認しています。 

 

 

【クレジット】

 

Produced by Masataka Matsutoya

 

All songs written by Yumi Matsutoya
All arranged & conducted by Masataka Matsutoya
Chorus arranged by Masataka Matsutoya
Except "KANNA 8 GOSEN" by Masamichi Sugi

 

MUSICIANS
keyboards : Masataka Matsutoya
drums : Tatsuo Hayashi, Eiji Shimamura
bass : Kenji Takamizu, Shigeru Okazawa
electric guitar : Masaki Matsubara,

 

acoustic guitar :

 

Masaki Matsubara, Chuei Yoshikawa,
Ryusuke Seto

 

percussion : Nobu Saito, Pecker
saxophone : Jake Concepcion
trumpet : Kenji Nakazawa, Hitoshi Okano
flute, piccolo : Yukio Eto
lyricorn : Takeru Muraoka
strings : Tomato Strings Ensemble

 

chorus :

 

Buzz, Junko Yamamoto, Yasuo Tai, Time 5
Kayo Ishu, Hiroko Suzuki, Kayoko Wada
Masamichi Sugi (Courtesy of CBS
SONY Inc.)

 

synthesizer programmer : Keishi Urata(EMU)

 

Directed by Seizo Shimokobe, Yoshihiro Kurita
Recorded & Mixed by Yasuo Morimoto

 

Assisted by

 

Takanobu Arai, Michio Nakakoshi, Nobuo Maeda
Shigeru Takise

 

Recorded at

 

ONKIO HAUS 1st & 6th studio, MEDIA 1st studio,
Canyon 1st studio
from March to September 1981

 

Art direction & design : Hipgnosis
The above managed by Hiroshi Ishibata
Recording management : Asami Fujii
Special thanks to Shizuka Ijuin

 

                                                        ○ 情報はアルバムのライナーを参考にしています。 

 

 

【ノベルティーグッズ】

 

発売時に買うと特典としてポスターをもらえたそうです。

 

 

【主な売上記録】

 

オリコン: 売上52.4万枚、最高位1位、相対売上比1.50 (82年年間TOP50総売上平均)

             LP: 34.0万枚、カセット: 18.3万枚

                            81LP+カセット売上19.9万枚、相対売上比0.57(対81年年間TOP50総売上平均 ※ただし寺尾聰「Refractions」は除外した)

          

不明: 売上79万枚  週刊現代902月号、サピオ903月号に掲載 数値の参照元は未掲載だが同一の参照元があると思われる

 

 

 【メモ】

 

     12枚目のアルバム。

     ユーミンがイメージしたこのアルバムの雰囲気は東京・横浜・神戸あたりのトワイライトタイムなんだそうです。FC会報に載ったインタビューによると、タイトルはバレエ「椿姫」をアレンジした組曲につけられていた「昨晩会いましょうマルガリータ」というタイトルが”精神的タイムスリップ”をよく表した本当に良いタイトルだと感激したことからつけたそうです。ちなみにノイマイヤーのバレエ「椿姫」と有名なヴェルディのオペラ「椿姫」は邦題こそ同じですが別物だそうです。

     シングル「守ってあげたい」がヒットした為このアルバムも結婚後初の大ヒットに。オリコンチャート1位を獲得。以後97年の「Cowgirl Dreamin’」まで18作連続オリコンチャート1位記録を作っています。松任谷時代初期はアルバムがチャートの上位に食い込むものの、ビッグセールスには結びつかず、シングルは鳴かず飛ばずで、コンサートも地方公演は空席が目立つ状況だったようですが、本作以降それが全て覆った印象です。下図は松任谷時代のLPの推定売上枚数ですが、本作で段違いに増え次作以降戻ることなく継続します。この頃が第2次ユーミンブームと言われています。

ちなみに81年は石川ひとみが歌った「まちぶせ」(もとは荒井由実時代の76年の三木聖子に提供)40万枚の大ヒットに。提供曲のここまでのヒットもやはり荒井由実時代の75年バンバンに提供した「『いちご白書』をもう一度」以来で、作家としても久しぶりに注目された年になりました。翌年以降、松田聖子、原田知世、薬師丸ひろ子、小林麻美などのヒット曲を手掛けていくことになります。

     ジャケットは有名なデザイン集団ヒプノシス(HIPGNOSIS)によるもの。ツアーパンフによるとアルバム発売の半年前の6月からコンタクトを開始。その時点で決まっていた「昨晩お会いしましょう」というタイトルのみを手掛かりに彼らはジャケット制作に取り掛かったようです。写っている女性はユーミンではなくヒプノシスのメンバーの友人だそうです。向き合う男女のところだけ雨が降っているという写真ですが、当時はまだCG技術はなく、実際に同じ場所で曇りの日と霧雨の日に撮影した写真をアナログ的に合成して作りだしたそうです。ジャケットでは表と裏に写真が分かれてしまっていますが、ポスターなどでは1枚の写真として使われていました。ヒプノシスのフォトブックによると、撮影場所はアイスランドで、ここが選ばれた理由の一つには天候が変わりやすく、今回のジャケット撮影に適していたという点があったようです。ヒプノシスはアルバム「VOYAGERでもジャケットを担当。また後身のグリーンバックフィルムズはビデオ「コンパートメント」フォトミスティック「Collar of the Doveを製作しています。

     コピー「過去・現在・未来  時間の流れはユーミンに止められた。あなたの青春の一場面が息づく」。