KATHMANDU カトマンドゥ

 

オリジナル発売日:1995.12.1

発売中のCDTOCT-9300 [EXPRESS/TOSHIBA EMI]

 

【収録曲】

 

1.

KATHMANDU

......t

 

7.

Broken Barricade

......t

2.

Take me home

 

 

8.

Midnight Scarecrow

......str

3.

命の花

......t

 

9.

クロームの太陽

 

4.

Baby Pink

 

 

10.

Walk on, Walk on by

 

5.

Delphine

 

 

11.

Weaver of LoveORIHIME

......t

6.

輪舞曲(ロンド)

......stvr

 

 

 

 

 

a…オリジナルアルバム未収録、s…シングルカットされた曲、t…テーマソング、CM曲など、

v...ビデオクリップの作られた曲、数字...その数字回数目のアレンジ、r...リミックス

 

【収録曲備考】

1.

t

95年 キリン「キリンラガービールウィンタークラブ」CMソング。

3.

t

95 TBSドラマ「私の運命」主題歌。使われたのはアルバム収録とは違うミックスものも。

952月にシングルカットされる予定だった。

6.

s

t

v

r

27枚目のシングルとしてリリース。

95 NTVドラマ「たたかうお嫁さま」主題歌。

PV情報はこちら

シングルとはミックスが違う。

7.

t

95年 コクド「苗場プリンスホテル」CMソング。

8.

s

t

r

27枚目のシングル「輪舞曲」のカップリング曲。

95年 映画「キャンプで逢いましょう」主題歌。

シングルとはミックスが違う。

11.

t

95年 映画「PiPi 飛べないホタルPiPi」エンディングテーマ。

 

 

【リリースデータ】 (ディスクナンバー * 発売日 * 発売元 *表示価格)

 

CD
TOCT-9300
1995.12.1 * エキスプレス/東芝EMI * \3,000(2,913)

一部はタイトルステッカーあり。

 

Cassette Tape

TOTT-9300 1995.12.1 * エキスプレス/東芝EMI * \2,800(2,718)

 

CD(期間限定発売)
YCT-69057 * 2013.10.2 * ユニバーサルミュージック * ¥1,980
詳細→再発復刻リスト

 

PC配信

2018.9.24 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

    

ハイレゾ配信

2019.9.18 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

 

 

【クレジット】

 

All songs & lyrics written by YUMI MATSUTOYA

11. ending part  ITS RAINING (P.STOOKEY / P.YARROW)

All songs arranged by MASATAKA MATSUTOYA

 

Keyboards & Programming: MASATAKA MATSUTOYA

Synthesizer Programming & Operating: MASAFUMI YAMANAKA

Drums: JOHN ROBINSON (1,2,4,7,9,10)

Hi-Hats & Cymbals: EIJI SHIMAMURA (8)

Bass: NATHAN EAST (1,4,9,10) / LELAND SKLAR (2,7,8,11)

Electric Guitars: PAUL JACSON Jr. (1,4,9) / MICHEL LANDAU (2,7,8) /

Electric Guitars: DEAN PARKS (2,11) / MASAKI MATSUBARA (3,7,10)

Electric Guitar Solo: MICHEL LANDAU (1)

Acoustic Guitar, Mandolin / Gut Guitar: DEAN PARKS (2 / 6)

Percussion: MICHEL FISHER

Sax / Flute: DAN HIGGINS (1,4,9,10 / 4)

Trumpet / Flugel Horn: JERRY HEY, GARY GRANT (1,4,9,10 / 10)

Trombone: BILL REICHENBACK (1,4,9,10)

Horn Arrangement: JERRY HEY (1,4,9,10)

Violin: *SID PAGE (2,6)

Background Vocals: CLETO V. ESCOBELO III, GISA VATCKY (1,4) /

                                    SACHIKO KUMAGAI (3) /

                                    YASUHIRO KIDO, KIYOSHI HIYAMA, RAJIE (6) / YUMI

Additional Vocal Arrangement: SACHIKO KUMAGAI (1)

 

Directed by KEN-ICHI NOMURA / YUKARI SUZUKI
Recorded by YOSHINORI WARAYA (TOKYO) / MATT FORGER (L.A.)

Pre-Production Engineered by MASAFUMI YAMANAKA
Assistant Engineers: KATSUHIRO ODASHIMA, MIKA HOSOGANE (TOKYO),

Assistant Engineers: BRIAN KINKEL/LUIS QUINE (L.A.)

Recorded at MICA STUDIO (TOKYO), HEAT BEAT RECORDING STUDIO (TOKYO)

Recorded at ANDORA STUDIOS (L.A.), WESTLAKE AUDIO (L.A.)

Mixed by MATT FORGER
Mixed at WESTLAKE AUDIO
Mastered by BERNIE GRUNDMAN AT BERNIE GRUNDMAN MASTERING
Assisted by JIMMY McKEEVER

Synthesizer Assistants: HIDEYUKI HIRAKI, KOTARO HAYASHI, KAZUYUKI ISHIKAWA

Production Coordination: KOJI KIMURA & FUMIYO MIYATA FOR MUSIC LAND (TOKYO)
                                            SHUN SUZUKI, YUMI SHIODA & NAOKI TAYA FOR EXCELL PRODUCTIONS (L.A.)
 

Art Direction: MITSUO SHINDO
Design: SATOSHI NAKAMURA

Photographer: NAOKI TSURUTA, MASASHI MARUYAMA
Hair & Make-up: AKIHIKO ASAI
Stylist: KIREI KATO
Model: JADE BROWN
Design Coordination: HAJIME KOBAYASHI

Artist Management: MAKOTO OHTAKE, CHIHIRO WATANABE
General Management: HIROSHI ABE

Executive Producer: SEIZO SHIMOKOBE

Special Thanks to
FLORENCE RIGGS / CINDY / SACHIKO KUMAGAI / JUNKO ORIUCHI / TAKAHIRO URANO /

KIN-ICHI ISHI-I FOR SONY / RYUJI SUZUKI / YOICHI ENDO SHORO KAWAZOE / REIKO KONISHI /

PON-G, TANI & TAICHO FOR MICA MUSIC LABORATORY /

KOJI KUBOTA FOR HEART BEAT RECORDING STUDIO / SHUNICHI KASHIWAGI / ANNE MIHARU /

MAYUMI NAKAMURA / SHOJI ICHIKAWA / MASAYA NAKAGAWA / NORIHIKO TANGO /

TETSUYA HASEGAWA / I TO I COMMUNICATIONS, INC. /

SEI-ICHIRO KIJIMA, HIROKI UEDA & KATSUO FUKUZAWA FOR TBS /

MITSUAKI TSUNEKAWA & HIDEO KUBOTA FOR NICHION, INC. /

TETSUYA IKEDA FOR DAIEI CO., INC. / HIROKUNI NITTA FOR MEDIA WAIZARD INC. /

YOSHINOBU KOSUGI & YOSHIKI TANAKA FOR NTV /

YUSUKE HORIGOME FOR NTV. M / SHIN-ICHI NAKADA, SATOSHI ITO /
KIYOSHI MIZUNO & KEN ISOBE / DIANNE FORGER /

CLETO V. ESCOBEDO III appears courtesy of VIRGIN RECORDS

 

Produced by MASATAKA MATSUTOYA

Co-Produced by MASAFUMI YAMANAKA, YOSHINORI WARAYA, MATT FORGER 

 

*…アルバムのブックレットにはSYD PAGE と記載。おそらくミスプリント。

 

 

【ノベルティーグッズ】

 

毛布、ボールペン、アドレス帳、トートバッグなど。

 

 

【主な売上記録】

 

オリコン: 売上134.0万枚、最高位1位、相対売上比1.13 (対96年年間TOP50総売上平均 ※ただしglobeglobe」は除外した)

     

日本レコード協会:120万枚以上

 

 

【メモ】

 

   27枚目のアルバム。

   タイトルはネパールの都市名ですが、直接この都市を指したかったわけではなく、インナーワールドの中の山に抱かれた人を寄せ付けない聖地のようなイメージで付けたそうです。「The Ichiban95.12号のインタビューによると、アルバムを何かまとめた方向へ持っていこうとせず、出来たものをそのまますくい上げるように自然体で作ったそうです。「見たかったけど、よく考えると見たことないっていう・・・。人それぞれの心の奥に漂ってる、何かそういう原風景みたいな感覚に共振できればなって思ってたんです。」

   この頃のサウンド面にみられるエスニックな雰囲気について、「自然とそうなった。」「ただ、エスニックな音をただサンプラーのように集めて取り入れるだけではポップスにはならないので、いかに日本人である自身のポップスに消化するかという実験をここのところ行ってきたが、それを自然な形で表現できるようになった」と語っています(当サイトで要約しています)。また18年の「ぴあ電子版」の連載では「ワールドミュージック、世界の民族的な音楽に新しさを求めてる時期でした。西洋音楽の12音階には、もう新しいものが見つからないのではないかと。」と振り返っています。

   この頃は10曲収録が恒例化していたので、シングルが発売中止になった「命の花」を含む11曲入りは珍しいものでした。

   レコーディングにあたり、フローレンス リッグスによるヴォーカルレッスンを受けたそうです。ユーミンが本格的にヴォーカルレッスンを受けたのはこの時がはじめてだそうです。レッスンの様子は全て録音されていて、ユーミンは今もたまにそれを聴いてレッスンをしているそうです。

   今回もショップでのグッズが当たる「Yuming FESTA」、ゲネプロ招待券が当たる「ユーミン聴いてゲネプロ行こう」、試聴機企画「Yumings STATION」が行われました。

   ツアーパンフに制作スケジュールが掲載されています。

   宣伝コピー「聞いたことも無いのになぜか懐かしく、安らげるのに力強さに満ちている、眺めのいい音楽、それが『KATHMANDU』。」。