OLIVE

 

オリジナル発売日:1979.7.20

発売中のCDTOCT-10640 [EXPRESS/TOSHIBA EMI]

 

【収録曲】

 

1.

未来は霧の中に

......t

 

6.

帰愁                 ......s

 

 

2.

青いエアメイル

 

 

7.

冷たい雨

 

 

3.

ツバメのように

 

 

8.

風の中の栗毛

 

 

4.

最後の春休み

 

 

9.

稲妻の少女        .....s

.

 

5.

甘い予感

 

 

10.

りんごのにおいと風の国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

a…オリジナルアルバム未収録、s…シングルカットされた曲、t…テーマソング、CM曲など、

v...ビデオクリップの作られた曲、数字...その数字回数目のアレンジ、r...リミックス音源、

 

【収録曲備考】

1.

t

当時NHKCMに使われていたらしい。

5.

 

77年にアンルイスに提供した曲のセルフカヴァー。細野晴臣がリズムアレンジ。
提供作品ではあるがユーミン本人がレコーディングしたもの(バックはエアーズ、番組中にユーミンが編曲)が774月にニッポン放送で始まったレギュラー番組「ニューミュージック・カタログ’77」のテーマソングとして使われていた。
(情報ありがとうございます)

6.

s

13枚目のシングル。ユーミンには珍しくいかにも歌謡曲という感じのアレンジがされている。

7.

 

75年荒井由実時代にバンバンに提供した曲のセルフカヴァー。細野晴臣がリズムアレンジ。
76
年ハイファイセットのカヴァーもヒット。

8.

 

78年に堀川まゆみに提供した曲のセルフカヴァー。

9.

s

13枚目のシングル「帰愁」B面。

 

 

【リリースデータ】 (ディスクナンバー * 発売日 * 発売元 *表示価格)

 

LP
ETP-80085
1979.7.20 * エキスプレス/東芝EMI * \2,500
 

Cassette Tape
ZT25-425
1979.7.20 * エキスプレス/東芝EMI * ¥2,500

LP
ETP-90083
1981.5.5 * エキスプレス/東芝EMI * \2,800
詳細→再発復刻リスト

 

Cassette Tape

ZT28-783 1981.5.5 * エキスプレス/東芝EMI *¥2,8002,637(2,560)

詳細→再発復刻リスト

 

CD

CA32-1133 1985.6.1 * エキスプレス/東芝EMI *¥3,2003,008(2,920)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(発売中止)

TOCT-10327 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI * \3,000(2,857)

詳細→再発復刻リスト

 

LP(発売中止)

TOJT-10327 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI * \2,000(1,905)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(発売中止)

TOCT-10358 1998.7.16 * エキスプレス/東芝EMI * \2,500(2,381)

詳細→再発復刻リスト

 

CD17枚組 初回限定生産)

TOCT-10623 1999.1.27 * エキスプレス/東芝EMI * \38,000(36,190)

詳細→再発復刻リスト

 

CD

TOCT-10640 1999.2.24 * エキスプレス/東芝EMI * \2,500(2,381)

詳細→再発復刻リスト

 

LP初回限定生産)

TOJT-10640 1999.2.24 * エキスプレス/東芝EMI * \3,000(2,857)

詳細→再発復刻リスト

 

CD(期間限定発売)
TYCT-69037 * 2013.10.2 * ユニバーサルミュージック/EMIレコードジャパン * ¥1,980
詳細→再発復刻リスト

 

PC配信

2018.9.24 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

 

ハイレゾ配信

2019.9.18 Universal Music LLC / EMIレコード・ジャパン

423曲を一斉配信 詳細→再発復刻リスト

  

 

 

                                                        ○ 情報はすべて実物で確認しています。 

 

【クレジット】

 

ALL SONGS WRITTEN BY YUMI MATSUTOYA
EXCEPT "TSUMETAI AME" WRITTEN BY YUMI ARAI

RHYTHM SECTION
KEYBOARDS : MASATAKA MATSUTOYA
DRUMS : TATSUO HAYASHI, PONTA MURAKAMI, YUKIHIRO TAKAHASHI

PERCUSSION : 

NOBU SAITO,(COURTESY OF COLUMBIA RECORDS.)
PECKER

BASS : KENJI TAKAMIZU, HARUOMI HOSONO, REI OHARA

ELECTRIC GUITAR : 

MASAKI MATSUBARA,(COURTESY OF VICTOR RECORS.)
TSUYOSHI KON

ACOUSTIC GUITAR : TED M. GIBSON
MANDLIN : MASATAKA MATSUTOYA

BRASS)

TRUMPET : 

SHIN KAZUHARA, KOJI HATORI, FUMIO SHIROYAMA,
YOSHIKAZU KISHI, KAZUMI TALEDA

TROMBONE : EIJI ARAI, SUMIO OKADA
FLUGEL HORN : KOJI HATORI

WOODWINDS
SAXPHONE : TAKERU MURAOKA, JAKE CONCEPCION, SHUNDO SUNAHARA
FLUTE : MITSURU SOMA, YUKIO ETO
KENA : TAKERU KOYAMA
PICCOLO : TAKERU KOYAMA

STRINGS
VIOLINS,VIOLAS,CELLO : TOMATO STRINGS ENSEMBLE

CHORUS : 

TATSURO YAMASHITA, MINAKO YOSHIDA, KAYOKO WADA
CHORAUS ARRANGEMENT : TATSURO YAMASHITA

MINAKO YOSHIDA COURTESY OF ALFA RECORDS
TATSURO YAMASHITA COURTESY OF RVC

ALL ARANGEMEND & CONDAUCTED BY MASATAKA MATSUTOYA
EXCEPT "TUMETAI AME" & "AMAI YOKAN" RHYTHM ARRANGED BY HARUOMI HOSONO *
DIRECTED BY SEIZO SHIMOKOBE
RECORDED & MIXED BY YASUO MORIMOTO
ASSISTED BY TAKANOBU ARAI
RECORDED AT ONKIO HAUS 1ST & 6TH STADIO FROM APRIL TO JUNE 1979
ART DIRECTOR & DESIGN : MIKIKO TAKEUCHI
PHOTOGRAPHY : ALAO YOKOGI **
HAIR MAKE : TOSHIKO YANO
STYLIST : MASAKO YAMAUCHI
  COSTUME : PINO LANSETTI boutique

SPECIAL THANKS TO MATSUTAKE-SAN FOR HIS GREAT OPERATIONS OF SYNTHESIZER,
SHIZUKA IJUIN FOR MAKE THIS ALBUM POSSIBLE, AND YOSHIHIRO KURITA & ABE FOR BROUGHT GREAT MUSICIANS HERE TO HELP US.

PRODUCED BY MASATAKA MATSUTOYA FOR KIRARA-SHA

                  ○ 情報はアルバムのライナーを参考にしています。
                               **...リズムアレンジとしてクレジットされているので補編曲の可能性もある。なお、カセットには「編曲:松任谷正隆」とクレジットされている。
                               **...
アルバムにはARAO YOKOKIと記載

 

 

【ノベルティーグッズ】

 

 

【主な売上記録】

 

オリコン: 売上16.6万枚、最高位5

                            79LP売上 12.9万枚、相対売上比0.60 (79年年間TOP50総売上平均)

   

不明: 売上35万枚  週刊現代902月号、サピオ903月号に掲載 数値の参照元は未掲載だが同一の参照元があると思われる

 

 

【メモ】

 

     7枚目のアルバム。

     OLIVE」というタイトルは“アメリカでもフランスでもないイタリア1960”というイメージからつけられたそうです。「サントロペ、コートダジュール、アメリカ的シルビー・バルタン。うーんいろいろはいってる。オリーブってイメージわかるかなぁ?」(読売新聞79612日夕刊より)。79年のFC会報に載った制作段階のインタビューでは夏に軽めの「SURF&SNOW」みたいな、リゾートっぽいはじけた感じのアルバムを出そうかなと思っていると語っていました(「SURF&SNOW」は本作ではなく、次の年のアルバムのタイトルとしてつけられることになります)。

     ファッション誌のようなジャケットはユーミン自身が積極的にアイディアを出して作ったそうで自身でもお気に入りのジャケットのひとつだそうです。写真を撮影した横木安良男のオフィシャルサイトで、  彼がユーミンとの思い出を紹介しています。→ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS (「WORKS」→「CD/RECORD」の先にあります。)ちなみにジャケットやインナーに書かれている言葉はイタリア語。Google翻訳にかけると「720日発売 10,000リラ」「誘惑の波 魅惑的な雪、たまらない!! 彷徨い 彼の海で、あなたは雪のささやきに魅了されるでしょう。・・・意味がよくわかりませんが、もしかして"neve"は雪ではなく"二―ヴ"のことか?

     77年、78年の作品の著作権者(出版社)は所属事務所でもあるミュージックアンリミティドでしたが、この作品から雲母音楽出版とクレジットされています。ミュージックアンリミティドはユーミンが離れたあと倒産してしまったようで、今では「OLIVE」より前の松任谷時代の作品の著作権者も雲母音楽出版になっているようです。

     宣伝コピー「ユーミン光線。現在、跳ね返すものなし。」「Moving Yuming 動き出したぞユーミン」など。