THE CITY IN THE DEEP SEA

YUMI MATSUTOYA CONCERT TOUR 2021-2022

 

 

【公演スケジュール】

 

28会場63公演

2021

 930日 よこすか芸術劇場

10 1日 よこすか芸術劇場

10 6日 松戸・森のホール21 大ホール

1012日 川口総合文化センター・リリア メインホール

1018日 高崎芸術劇場

1020日 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)大ホール

1021日 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)大ホール

1027日 大阪・フェスティバルホール

1028日 大阪・フェスティバルホール

1031日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

11 1日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

11 9日 神奈川県民ホール 大ホール

1110日 神奈川県民ホール 大ホール

1115日 倉敷市民会館

1118日 広島市文化交流会館・広島文化学園HBGホール

1119日 広島市文化交流会館・広島文化学園HBGホール

1124日 ロームシアター京都 メインホール

1125日 ロームシアター京都 メインホール

12 3日 YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)大ホール

1213日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

1214日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

1217日 静岡市民文化ホール 大ホール

2022

 3 2日 川商ホール(鹿児島市民文化ホール)第一ホール (313日に延期)

 3 5日 福岡サンパレス ホール

 3 6日 福岡サンパレス ホール

 3 9日 大分・iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ

 313日 川商ホール(鹿児島市民文化ホール)第一ホール (32日の振替公演)

 318日 岩手県民会館 大ホール

 319日 岩手県民会館 大ホール

 321日 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)

 325日 神奈川県民ホール 大ホール

 326日 神奈川県民ホール 大ホール

  329日 東京国際フォーラム ホールA

 330日 東京国際フォーラム ホールA

 4 2日 大阪・フェスティバルホール

 4 3日 大阪・フェスティバルホール

 4 6日 コーチャンフォー釧路文化ホール 大ホール

 4 9日 札幌文化芸術劇場 hitaru

 410日 札幌文化芸術劇場 hitaru

 415日 やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

 416日 やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

 422日 東京国際フォーラム ホールA

 423日 東京国際フォーラム ホールA

 510日 金沢・北陸電力会館 本多の森ホール

 511日 金沢・北陸電力会館 本多の森ホール

 514日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

 515日 名古屋国際会議場 センチュリーホール

 521日 東京国際フォーラム ホールA

 522日 東京国際フォーラム ホールA

 530日 愛媛県県民文化会館 メインホール

 6 4日 沖縄コンベンションセンター 劇場棟

 6 5日 沖縄コンベンションセンター 劇場棟

 6 9日 熊本城ホール メインホール

 611日 福岡サンパレス ホール

 612日 福岡サンパレス ホール

 617日 大阪・フェスティバルホール

 618日 大阪・フェスティバルホール

 625日 東京国際フォーラム ホールA

 626日 東京国際フォーラム ホールA

 629日 大阪・フェスティバルホール

 630日 大阪・フェスティバルホール

 7 5日 姫路市文化コンベンションセンター・アクリエひめじ 大ホール

 7 8日 神戸国際会館 こくさいホール

 7 9日 神戸国際会館 こくさいホール

 

 

  スケジュールはオフィシャルサイトで確認してください。 

 

 

 

 

【演奏曲】

 

翳りゆく部屋

グレイス・スリックの肖像

1920

ノートルダム

深海の街

カンナ8号線

ずっとそばに

What to do ? waa woo

知らないどうし

あなたと 私と

REBONE

散りてなお

雨の街を

ひこうき雲

NIKE

LATE SUMMER LAKE

Hello, my friend

ANNIVERSARY

水の影

(EC)

青い船で

空と海の輝きに向けて

(EC)

瞳を閉じて / 二人のパイレーツ

 

                                          ○ 情報は横須賀公演、京都公演他を参考にしました

 

 

 

【出演者】

 

Drums: 小田原豊

Bass: 浜崎賢太

Guitar: 遠山哲朗

Keyboards: 武部聡志

Chorus & Guitar:今井マサキ

Chorus & Percussion : 佐々木詩織

Sax, Flute & Chorus:小林香織

Dancer: 遠藤令 (東京4月公演〜松山公演)

 

                        ○ 情報はツアーパンフレットを参考にしました。

 

 

【チケット料金】

全席¥9,900

 

                        ○ 情報は公式サイトより。

 

 

【グッズ】

 

ツアーパンフレット(チャレンジコイン付き) ......3,500  

 少なくとも2版を確認

 1) 初版

 2) ステージ写真とクレジットが追加されています

深海バスソルト ......1,000

Deep Sea Chart バンダナ イエロー/ブラウン ......各¥1,500

キーホルダー ロゴ ......1,500

キーホルダー ポッド ......1,800

ロケットキーホルダー 写真5種、ランダム ......各¥1,5003/29東京公演より3種販売、東京5月公演より2種追加)

深海マグカップ ......1,800

クルータオル ......2,8003/5販売開始、会場では福岡公演より販売)

クルーキャップ ......3,0003/5販売開始、会場では福岡公演より販売)

メッシュトート&ポーチセット ......3,800

ツアーロゴTシャツ  パープル, S/M/L ......各¥3,500

クルーマンTシャツ サンドカーキ/シティグリーン, S/M/L ......各¥3.8003/5販売開始、会場では福岡公演より販売)

オーバーTシャツ  ロゴホワイト, サイズ1/サイズ2 ......各¥3,800

オーバーTシャツ タイダイ, サイズ1/サイズ3 ......各¥4,500

Deep Sea Chart パーカー サイズ1/サイズ2 ...... 各¥12,000

深海スノードーム ......4,500 11/12販売開始、会場では京都公演より販売)

桃里庵の桃ピューレ 白桃/黄桃 ......各¥1,000  ※ 会場限定販売

不織布バッグ ......300 

 

会場でCDDVDなどを¥2,000以上購入するとオリジナルマスクケースがもらえます。

入場者にはロゴ入りのビニルに入ったオリジナルフェイスシールドが配布されます。

グッズ用のビニルバッグの配布は行われませんでした。

 

 

                        ○ 情報は会場配布のフライヤーなどを参考にしました。

 

 

【主なクレジット】

 

Cast: Satoshi Takebe, Yutaka Odawara, Kenta Hamasaki, Tetsuro Toyama,

Cast: Masaki Imai, Shiori Sasaki, Kaori Kobayashi

 

Stage Set Production Manager: Isamu Shigeno

Stage Set Designer: Yukie Watanabe

Prop Coordinator: Yoshihiko Tanaka

Lighting Designer: THEODORE COX

Lighting Director: Yoshinori Yamamoto

Sound Designer: Norihiko Tango

Special Effect Planner: Yoichiro Kojima

Illumination: Seiichi Tozuka, Isao Yamamoto

Costume Director/Stylist: Akane Makihara

Costume Designer: Yukari Furuta

Hair and Make Up Designer: Naoki Toyama

Film Director: Kenichiro Shimizu, Shin-ichi Kudo, Masahiko Ozawa

Computer Graphics Producer: Akira Iio

Digital Human Project: Toei Zukun Laboratory

Choreographer: Chie Oka, Takayuki Kamiyama

Music Director: Satoshi Takebe

 

Artist Manager: Rutsuko Kaneko, Shoko Teshima, Yukari Suzuki

Producer: Makoto Ohtake

  

Directed by Masataka Matsutoya

 

Supported by EMI Records/UNIVERSAL MUSIC LLC, Kirara Music Publisher

Produced by Kirarasha, Hands On Entertainment

 

                        ○ 情報はツアーパンフレットを参考にしました

 

 

【メモ】

 

   アルバム「深海の街」のコンサートツアー。

   ステージセットはレトロなダクトや計器に囲まれた潜水艦や宇宙船のような雰囲気。窓にあたる背面は映像を出せるようになっており、公演の大部分を曲ごとに作り込んだCGが高精細に映し出されます。またときおり照明を搭載したポッド(グッズのキーホルダーにもなっています)が3機、背面の手前に降りてきますが、ここにも映像を映し出すことができ、マルチスクリーンのような演出も行われました。

   進行は演劇的な要素もあり、海底に沈んでゆく潜水士が見た物語といった感じ。通常の客席に語りかけるMCもありましたが、潜水士の視点から見たモノローグが語れるシーンもありました。また、エンディングもモノローグと海底で動かなくなった潜水士に一礼をする潜水士の映像で締めくくられています。

   20219月のコロナ禍の状況は、最も多くの感染者を出したコロナ第5波が静まりつつあり、国民の約半数がワクチン接種を済ませているといったところ。第5波の中、開催ができるかどうかわからない状況で準備が進められ、約2か月続いた緊急事態宣言期間の最終日に、このツアーは初日を迎えました。1公演延期があったものの予定されていた全公演を行うことができました。コロナ禍の非接触対策と、チケットの高額転売防止策として、大部分のチケットがスマホ専用のデジタルチケットで販売されました。

   ダイジェスト動画が公開されています。→ 公式Youtube また、9東京公模様がWOWOW放送予定

   仙台公演がない代わりか?34年ぶりに山形県で公演が行われました。ただし、かつての山形県民会館は19年に閉鎖、あたらしく駅前に出来た山形県総合文化芸術館で行われました(ちなみにこの2会場は同時期に開館していないものの、両者とも山形銀行が命名権を持っており、それぞれ「やまぎんホール」「やまぎん県民ホール」と名前が似ておりややこしい・・・)。また、高崎と姫路は38年ぶりに、松戸と川口は初めてツアー日程に加えられました。

   姫路公演はデビュー50周年の日で、「二人のパイレーツ」のあと「卒業写真」が、また4回目のアンコールに応える形でデビュー曲「返事はいらない」が歌われました。アンコールのMCの中で、やはりデビュー曲にあたる「空と海の輝きに向けて」の一節「おまえは歌になり流れてゆく」について「まるであの時の自分自身に言い聞かせた予言のようにも思える」と話していたのが印象的でした。