「ユーミン万歳!」聴き比べてみた

 

 

「ユーミン万歳!」全曲リミックスという説明もありますが、ほんとにそうかい?

ということで、既存音源と新音源の明らかに音が違う個所や、音が部分的に追加/削除されているといった違いを探してみました。

聴き比べは下図のような制作過程を想定し、聴き比べ[1][2][3]の3つの聴き比べを行っています。

(下図は、当サイトで想像したもので、実作業に基づいたものではありません。本当にこのようになっているかどうかは、わかりません。)

 

  

    本作には大きく分けると、従来のステレオ(2MIXと以下呼びます) と 空間オーディオ用のMIX が作られているようです。
前者は、CDDL購入用の配信、サブスク配信で提供されており、後者はAppleMusicのサブスク配信のみでDolbyAtmos用の音源として提供されています。

    2MIX配信音源には全曲ではありませんが、リミックスされていると思われる曲が存在します。
リミックスについては下記のような錯綜とも思える情報が出ていますが、どの曲がこれに当たるかは公表されていません。

    配信は配信サービス元に関わらず、またDL/サブスクに関わらず全曲「2022 mix」という表記があります。

    CDのパッケージや歌詞カードには「2022 mix」という表記はありません。タイトルステッカーに「最新2022年ミックスに」という表記があります。

    キョードー西日本のサイトの掲載記事によると下枠内の作業を総称して「2022 mix」と呼んでいるという記載があります。

1)UP MIX」→2mix 音源をリマスタリング
2)
REMIX」→オリジナルマルチデータから新たに REMIX
3)
SWEET」→松任谷正隆がオリジナルマルチの音源を一部差し替え(この作業を“sweetning“と呼ぶ)REMIX
※上記作業を経た後全曲 Dolby Atmos

上記作業の境界線は非常に曖昧であり、明確に楽曲ごとに区別できるものではありません。

    リットーベースのYoutubeチャンネルで放送された本作試聴会では、エンジニアのGOH氏よりリミックス31曲くらい、音源差替え11曲くらいという発言があります。
(ただし、発言からは何を指しているのかがはっきりしないので、当サイトでは独自に聴き比べることにします。)

    TwitterなどSNSでは、既にリスナーから思い思いの理解が示されています。

    上図では「2022 mix」について、キョードー西日本のサイトの掲載記事を参考にしています。
また、これまでの当サイトでのリミックス解釈に照らし合わせ、本作においては2) REMIX3) SWEETをリミックスとして解釈します。
下記「聴き比べ[1]」においてもこれら2)3)で生じたと思われる違いを「違い」として判断します。

    Dolby Atmos音源については、発売時現在Apple Musicのサブスクリプションサービスでのみ提供されています(Amazon MusicDolby Atmosに対応したサービスでは提供されていません)
再生ハード側の設定と要求によりDolby Atmos用の音源が配信されます。設定されていない場合は2MIXが配信されるようです。
iPad
iPhoneといった2chシステムへはDolby Atmon 2ch音源(2MIXとは音の定位が異なります)が配信されるようです。
AppleTV4K
のようなマルチスピーカー対応デコーダーへはマルチchデータが配信され(ch分が配信されているかは不明)
デコーダー側で接続されたシステムに応じてダウンミックスされるようです。

    このページの情報は、当サイトでの聴き比べによる判断であり、制作側の実作業に基づいたものではありません。

    なんとSpotify聴き比べ用のプレイリストを作ってくださっている方がいらっしゃいます。ありがたや〜!
Spotifyでは、本作以外の既存音源は2018年マスタリング音源が配信されているようです。

 

 

 

 

聴き比べ[1]:既存音源との違い

上図2)3)についての違いをまとめました。他にお気づきの方はぜひフォームから教えてください。

なお、下記のような違いはひとまず除外しています。

・音がパワフル ・音がきらびやか ・音に広がりがある ・ボーカルがクリア ・残響がついた/なくなった ・低域が強い

理由としては、こういった全体的な音色に関する違いは、(もちろんミックスによって発生することも十分に考えられますが、)

マスタリングの効果かもしれませんし、再生する機材によってその効果がより大きく出る場合もあるからです。

また、生理的な理由(耳がある音に敏感/鈍感)、心理的な理由(気のせい、音量が大きいと良い音に聴こえるとか)によっても違うと感じることがあるからです。

このページはかなりラフにやります。

※ 表中の「オリジナル」が何かはあまり気にしないでください。近年のベストか、オリジナルアルバムです。

※ 歌詞の漢字やかな、楽器名、奏法名は、テキトーです。

※ 違う度 ★★★すぐに分る ★★オリジナルを聴きこんでいれば気づく ★あえて探さないと見つからない

※ 表中のハイパーリンクは公式Youtubeにアップされた曲の該当部分へリンクしています。[40th]は同じく「日本の恋と、ユーミンと。」の該当個所へリンクしています。

 

 

違う度

分りやすい違い

イントロ付近の違い

1-1.

真夏の夜の夢

★★

 

出だしのスネアの音が明らかに違う ラテン系の音に [40th]

1-2.

中央フリーウェイ

♪瞬きだす のあとにギター追加  [40th]

間奏のギターの定位 [40th]

ドラムの定位、ビブラスラップの定位   [40th]

1-3.

ダンデライオン

♪風にのり と一緒にあったハープがない  [40th]

歌い出しのハープが小さい  [40th]

1-4.

ひこうき雲

♪ゆらゆらかげろうが のハモンドの音量が小さい  [40th]

♪けれど幸せ のストリングスの定位  [40th]

 

1-5.

緑の町に舞い降りて

 

 

 

1-6.

青春のリグレット

★★

 

スネア差替え 

 [40th] オリジナルはいかにも80年代の"残響かけてバッサリ音"

ベースとキーの音量バランス  [40th]

1-7.

DOWNTOWN BOY

♪取り継がないの あとにシンセ追加  [40th]

イントロにうっすらパーカスが追加されている  [40th]

1-8.

瞳を閉じて

 

 

 

1-9.

卒業写真

 

 

 

1-10.

最後の春休み

 

 

 

1-11.

リフレインが叫んでる

★★★

♪走る時刻 のあとの効果音が違う  [40th]

出だしのシンセが明らかに違う  [40th]

1-12.

よそゆき顔で

 

 

 

1-13.

輪舞曲(ロンド)

♪喜びとは溶けて落ちる のマラカスがない 

 

1-14.

サーフ天国、スキー天国

 

 

 

1-15.

海を見ていた午後

★★

♪あなたを思いだす が別ボーカル  [40th]

イントロの左右トレモロ感がない  [40th]

1-16.

情熱に届かない

★★★

♪快速電車を見送った のギターの音量バランスと定位 

出だしにドラム追加 イントロにストリングス追加 

1-17.

カンナ8号線

 

 

 

2-1.

Hello, my friend

★★

サビにコーラスを大幅に追加  [40th]

甲高いスネアの音を低いものに差替え  [40th]

 

2-2.

やさしさに包まれたなら

 ♪すべてのことは にコーラス追加  [40th]

 

2-3.

5cmの向う岸

 

 

 

2-4.

ダイアモンドダストが消えぬまに

★★★

♪苦しいのよ今も のあとの♪ウーがない  [40th]

ドラムの差替え 

 [40th]  オリジナルはいかにも80年代の"残響かけてバッサリ音"

2-5.

恋人がサンタクロース

♪おねえさんは とともにストリングス追加  [40th]

オリジナルは2回目のAメロからストリングスが入る

間奏のベースのチョッパーっぽい演奏が大きい  [40th]

 

2-6.

WANDERERS

★★★

 

イントロから明らかに音が違う  [40th]

2-7.

シンデレラ・エクスプレス

 

 

 

2-8.

ノーサイド

 

イントロ終りのキラキラ音の定位が違う  [40th]

2-9.

ダンスのように抱き寄せたい

 

 

 

2-10.

DESTINY

♪冷たくされていつかは の右chのギターが静かに  [40th]

♪今日わかった のビブラスラップの定位  [40th]

ミックスが空間広めのバランスに(巧く言えないが)  [40th]

2-11.

満月のフォーチュン

★★

Aメロ以降のドラム音差替え、軽い音に変えている 

出だしの残響音の差替え、残響抑えめ 

2-12.

消灯飛行

 

 

 

 2-13.

ホライズンを追いかけて

 

 

 

2-14.

星空の誘惑

 

 

 

 2-15.

セシルの週末

 

 

 

 2-16.

花紀行

 

 

 

2-17.

春よ、来い

サビの鈴が左右順番に定位  オリジナルはずっとセンター

イントロのハープ音強め 

3-1.

Valentine's RADIO

★★

全体的にドラムの音を差替え 

ベースのチョッパー的な音が目立つ  

 

3-2.

真珠のピアス

 

 

 

3-3.

翳りゆく部屋

★★

 ♪窓辺に置いた のベースを低減  [40th]

オリジナルは改めて聴くとボーカルとベース以外逆相じゃないかというほど量感がない、かなり変なMIX。当時なりの空間サウンドを模索したのか??

 

3-4.

SWEET DREAMS

★★★

 

ドラムの音、フレーズ変更  [40th]

3-5.

潮風にちぎれて

 

 

 

3-6.

Forgiveness

 

 

 

3-7.

冬の終り

 

 

 

3-8.

あの日にかえりたい

Aメロの左chにあったシェーカー削除  [40th]

2cho Aメロ左chハイハットのチッチチッチ追加  [40th]

 

3-9.

ルージュの伝言

 

 

 

3-10.

埠頭を渡る風

 

 

 

 3-11.

ベルベット・イースター

サビのボーカルが左右に分離している   [40th]

オリジナルはほぼセンターに

 

3-12.

VOYAGER 〜日付のない墓標〜

★★★

 

イントロのシンセの音が違う 

3-13.

守ってあげたい

 サビのボーカルが左右に分離  [40th] オリジナルはほぼセンターに

コーラスの定位がセンターに   [40th]

3-14.

宇宙図書館

 

 

 

 3-15.

ANNIVERSARY

★★

♪明日を信じてる からの80年代残響バッサリドラムを軽い音に差替え  [40th]

 

3-16.

青いエアメイル

間奏のアコギの定位が違う。  [40th]

FMで聴いた時は

 もっと明らかな違いがあったような気がするが...

♪青いエアメイルが と同時に右chでなっていたコッココという音がない  [40th]

 

 

 

聴き比べ[2] : 同じ曲の2MIXDolby Atmos 2chMIXの違い

  従来の2MIX(ステレオ)Dolby Atmos2chMIXは同じ2chでもその2chに至る過程や方針が違います。

  Dolby Atmosを聴くには不完全な環境(このページの最下部にシステムを書いています)での聴き比べですが、両者の聴こえ方の違いは歴然でした。

  ヘッドホンで聴くと、2MIXは頭の中に音が定位し頭の中が音で満たされる感じですが、Dolby Atmosは頭の外側に定位する感じ。

  ヘッドホンで聴いた場合の「Call me back」のイントロを絵で描くと^^;こんなイメージです(感じ方、表現の仕方は人それぞれということで、ご勘弁)。

   

   2MIXで頭の中いっぱいに広がっていたギターの音が、Atmosでは頭の外・前方に移動する感じ。

  この移動によって、頭の中に残された左側の♪テッテテンとなってるギターが一気に存在感増します(音色も少し変わって聴こえます)

  頭いっぱいに満たされた感じはなくなってしまいますが、良く言うなら圧迫感がなく自然な感じでしょうか。

  2MIXでは音を重ねて盛って表現していたものが、Atmosでは外に配置してゆく感じ・・・全く違う発想で音作りしないといけないのではないか?と思います。

  

  「翳りゆく部屋」の ♪二人の言葉はあてもなく のあたりのイメージ

    

       Youtubeで聴いてみる                Youtubeで聴いてみる

  [1]のオリジナルとの聴き比べも入りますが、今回リミックスの効果が顕著なのが「翳りゆく部屋」です。

  オリジナルは当時の音作りの作法や流行りを知らない身で言うと、けっこう酷い音で、残響を付け過ぎた結果、特定の周波数帯域で色づけがされてしまっており、

  ボーカルに芯がなく手で口を囲ったようなラッパ音、それにディストーションかけたようでギターっぽい、なのでやたらうるさいギターと潰しあってる感じがします。

  教会で録ったパイプオルガンに合わせてスタジオの方の音作りも教会っぽくしたかったのかもしれませんし、

  ディストーショナブル(?)な音は、まだ録音クオリティの悪かった60年代後半のロックっぽい音作りにしたかったのかもしれません。

  (こういう聴き比べをやっていると、つい木を見て森を見ず的な見解に陥りがちですね。)

  ユーミン万歳!2MIXは一変!!ボーカルがかなりクリアですし、オリジナルではどこ行った?という感じの低域がドッシリ真ん中にいて安心感がある。

  何よりコーラスの分離がしっかりしていて、驚きました。Dolby Atmosの場合、これがより顕著で、「こことここに居る感じ」と指させるぐらい。

  ただ、Atmosはユーミンのボーカルの歪みがけっこう気になって、歪みが存在感にもなっているのですが、気になりだすとちょっとしんどいかなという感じがします。

  絵はどれがどの音かは書きませんが、右の図のオレンジの真ん中の白はこの歪みをハレーションの感じで描いてみました。

  (・・・この絵にするというのは、やっててもう、、かなりムリがあるなと思いました^^;)

  また、2MIXDolby Atmos交互に聴き比べていると、どうしても明確に音を認識したいという欲求から、量感のある2MIXが良く聴こえてしまいます。

  上述の通り、両者は音作りの考え方が全く異なるため、本来同じ土俵で聴き比べるべきものではないのかもしれません。

  Dolby Atmosのほうもしばらくこればかり聴いていると満足な量感に感じてきます。

  

 

  Dloby Atmosは音を空間のどこに配置するかという情報をマスターとして配信元で持っているそうで、

  本来はマルチチャンネルでそれを受信し、複数のスピーカーを部屋に配置して再生します。

  これらが部屋の中でブレンドされ、そのブレンドから2つある耳が音を2つ拾って最終的に人体で2chに至ります。謂わば、部屋がミックスダウンをしてくれているようなものです。

  Dolby Atmos2chはスピーカーを複数部屋に置けない人のために、この部屋がやるであろうミックスダウンを事前に機械側でシミュレートして、

  2chにしてから配信する、それを直接イヤホンやヘッドホンをとおして耳に届けるというようなものではないかと想像します。

  (さすがにiPadiPhoneでマルチチャンネルで受信する意味はないだろうということでこう考えています。)

 

  ちなみにAppleTV4Kをベースにマルチスピーカー環境でDolby Atmos聴いている知人からは、「ユーミン万歳!」がものすごい情報量のえげつないコンテンツだと聞いています。

  これは、AirPodsProであれMAXであれ、2ch環境では絶対再現しきれない!って。・・・・う、うらやましい〜!!

 

 

聴き比べ[3] : 同じ曲の2MIX間にも違いがあるだろうか?

本作収録音源の2MIX間でも何か違いがないか調べてみました。

比較は対象下記の通り

 @ CD音源 (iTunesWAV 16bit/44.1kHzに変換)

 A ロスレス音源 (OTOTOYより購入, WAV 16bit/44.1kHz)

 B AAC 320kbps (moraより購入、AAC 16bit/44.1kHz相当、iTunesWAV 16bit/44.1kHzに変換)

 C ハイレゾ音源 (OTOTOYより購入, WAV 24bit/96kHz)

曲はやはり「Call me back」です。

  

ロスレス

圧縮

ハイレゾ

DL

A OTOTOY

B mora

 

C OTOTOY

 

ストリーミング

 

 

 

 

「配信」とひとことで言っても、少なくとも上記の6形態が存在しています。

当サイトではDLできるものを聴き比べていますが、6形態全てを聴き比べているわけではありません。

また、各配信サービスでどれが提供されているのか、いまいちはっきりしないのが現状です。

 

  

波形と聴感を比較しました。当サイトの結論としては、

    各音源@ABCはミックスによる違いは無いように思います。

    波形(マスタリング後の音源ということになるのでしょうか)は@ABは恐らく同じ、
Cのみ他と異なっているようです。 

 

@Aは、数値的には完全一致、

Bは圧縮しているため数値は異なりますが、ほぼ@Aと同じ傾向にあります。聴感上も違い分からず。

Cは音量分布が異なっており、ハイレゾの方が最大と平均の差が広い
 (そのせいで単純に聴き比べるとCのほうが少し小さく聴こえます)

 聴感上の音色も異なっており「Call me back」の場合、少しだけ響きがあり柔らかい音に聴こえます。

 

波形の正確な比較のために、@に対し他の波形を上下反転させたもの(INV[]と表記します)をミックスしてみました(@+INV[]と表記します)

波形が同じであれば、ミックス後、波形が消えてしまいます。例えば @ + INV[@] をすると波形が消えます。

分りにくいという方は、@+INV[] = @−○ だと考えてください。同じだったら @ー@ = 0になるので、消えちゃう、消えなかったら同じではないという感じです。

 

@+INV[A]は無音になります。微妙に音量出てますが、平均音量の-104dB16bit=96dBなので記録できる最低音量領域です(・・・なんで測定出来てるんだ??)

@+INV[B]AACにするときに圧縮し削られたデータが差分として出てきています。聴感上はシャワシャワした音漏れのような感じになります。平均-44dBというのは意外と大きな音ですね。

@+INV[C]は別音源といっていいでしょう。少なくともマスタリングが違うようです。このデータですが、普通に音楽として聴けることが意外でした。

ちなみにこれは、データ量の違いではなく、あくまで音色の違いが差分となって出てきています(データ量は揃えてミックスしています)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コラム1「実は音を聴き比べるのはなかなか難しい」

 

ミックスの違いを聴き比べようとしていますが、ミックス以降リスナーの耳に届くまでには色々な影響が加わっています。

聴き比べる音同士は同じ過程を経るので、関係ないようにも思うのですが、そうでもなく、

例えば質の悪い機材を使えばその影響(下図、紫のところ)で違いがわからなくなったりします。

また心理の影響も結構大きく、有名な話ですが、同じ音源でも少し音を大きくして聴かせると、多くの人が「音質が上がった、全く別物」と判断してしまいます。

 

複数の人がそれぞれの環境で音を聴くと、同じ音源でも違って聞こえてしまいます。

下図、真ん中より左側は同じものですが、右側はリスナーによって違います。主には、リスナーが持っている機材と、リスナー自身の個性によって聴こえる音は違います。

もちろん制作者も同じ過程を経て音を聴いているので、制作者とリスナーの聴いている音も違います。

リスナーとしては、自分の環境からの悪影響を出来るだけなくしたいものです。

部屋の影響はヘッドホンを使うことで下図のようにキャンセルできます(機材の影響のみにできる)

ただし、部屋の良い影響と各リスナーの頭部形状の影響まで失われてしまうので、スピーカーから音を聴いたときのリアリティは感じられません。

 

 

 コラム2「空間オーディオでやろうとしていること」

 

ここからだいぶ情報の精度が落ちるのですが、AppleMusicDolbyAtmosがやろうとしているのはこういうことではないか?という推察です。

製作者が聴かせたい音をリスナーに聴いてもらうために、上述から見える課題は次の2点になるかと思います。

・いかにリスナー側の違いを失くすか

・とは言え、部屋でスピーカーから音を聴いたようなリアリティーは保ちたい

AppleMusicDolbyAtmosがやろうとしてることを同じ図に描き込むとこんな感じではないでしょうか?

@まず、AppleMusicApple製品を使わせることでメディアと機材を同一にする(ユーザ側で違いが出ないようにする)。

  iPad, iPhone, マルチスピーカシステムなどいくつか機材の種類はありますが、提供音源をいくつか用意することで、ある程度同一化できるということです。

A理想的な部屋の影響を予め音源に付加しておく。 別に各リスナーが持つ部屋の影響を再現する必要はありません。理想的なリスニングルームの方がよいわけです。

Bリスナーの頭部の影響を測定し、AirPodsの中で付加してしまう。これにより各リスナーが持つ個性を取込んだ音を聴かせることが出来る。

 ここまでやってくれるのかはわかりませんが、AirPodsのサイトを見ると「パーソナライズされた空間オーディオと、〜」という機能が、これに近しいのではないかと思います。

 登載はAirPods3世代以降(第2世代には登載なし)、AirPodsProAirPodsMaxのようです。

 パーソナライズさせるために耳の形状を測定するようですが、これにはiPhoneX以降が必要なようですね(パーソナライズ情報自体はiPadなどでも共有できるようですが)。

 高いものなので、購入はAppleStoreで店員さんに訊いたり、試用してから決めるのが良さそうですね。

 

実は、人間の耳は2つしかなく(知ってるわ!)、スピーカーが何個あろうと人間はステレオでしか音が聴けないのです。

それでも左右だけでなく、上下前後から来る音源の方向を判断できています。これは両耳に来る音が音源の方向により違っているからです。

ですから、この両耳に来る音さえリアルに再現すれば、ステレオ(2ch)でも脳が勝手に勘違いして、上下前後から音が来るように感じらるはずです。

2chでこれをやるということが空間オーディオが目指しているところの一つかなと思います。今後のさらなる発展が楽しみですね。

 

ちなみに私の Dolby Atmos リスニング環境(たいしたもんではなく、iPadとヘッドホンですが^^;)

まず、AirPodsは持っていません^^;

環境A

機材はiPad mini3 system ver.15.7 + BOSE QuietComfort 45 headphones (Dolby Atmos 非対応)

上図で見ると、Bの私自身の頭部形状の影響のみがない状態です。やはり埋没感は薄いですね。

ただ、2Mixを聴いている時のような頭の中に低音とボーカルがいっぱいに満たされるような感覚はなく、

前方に移動した感じ。なんというか頭の中央のスペースが空いた感じがして、別の作業がやりやすいです(笑)

こういったところが、スピーカーで音を聴いている感覚に近いのかもしれません。

2Mixの頭の中が満たされた感を求めると物足りない感じがするかもしれません。)

もしAirPodsでBの影響を手に入れたら、もっと劇的に埋没感が増すのでしょうか??

クソ高いですが欲しくなってきますね。。。

環境B

iPadの内蔵スピーカーでも聴いてみましたが、特にどうということはありませんでした(笑)